マイホームを建てた後の家族の絆の変化

西尾市で注文住宅のマイホームを作って住んで早くも一年ほど経過しています。マイホームを作る前は、賃貸物件に住んでいましたが、自分たちの家を作って住むと改めて家族の繋がりが強くなったように感じています。自分達の家という意識があるため様々な工夫をして生活するようになりました。幸せに暮らせるようにみんなで家を守っていくという絆や結束力が高まったと感じています。賃貸物件の頃は、自分の家という感覚が少なかったように感じます。今は自分の家に帰って来たというような感覚が強くなりました。特に外出時の施錠や防犯に関する対策も入念に行うようにしています。家族間の連絡を密に取り合うようになった点もマイホームを作ってから変化したポイントとなっています。マイホームは、家族が一緒に長く暮らしていくとても大切な空間です。絆を深めて楽しく幸せに暮らせる家族作りが大切だと感じています。マイホームは家族間の絆をさらに深める事が出来る要素となっています。