日本の住宅と比べて不便だった点、住みにくかった点

私が海外住宅に住んでみて、日本の住宅と比べて、不便だった点や住みにくかった点ですが、いくつかの部分があります。まず、日本の住宅と比較して、海外の住宅は水回りなどが日本のように優れていないという点です。たとえば、日本のトイレのように快適なウォシュレットなどがありません。

 

このため、トイレなどが使いにくいと感じましたし、日本のトイレが恋しくなることがありました。座ったときに便座が冷たかったりするのも気になりました。
また、お風呂なども、不便に感じられました。

 

日本のように浴槽に入る習慣がないため、あちらでは浴槽が形だけであり、水を貯めると横から漏れてしまったりと、あまり質が良くないことが多いです。また、シャワーなどに関しても上部に固定されていて、動かないものなども多くて、日本のような可動式のシャワーなどは少ない気がしました。このため、向こうの住宅ではずっとお風呂に入るときなどは不便に感じてしまいました。外国の家に住みたいなら、日本で輸入住宅を建てた方が便利に暮らせると思います。