築20年の一戸建てをリフォームしました

注文住宅を岡崎市に建てたとき、家の建築工法は建築士や工務店の、知り合いを紹介してもらったりなどまぁまぁこだわりました。
地質調査は家を建てる前にしか出来ませんからね。
あと、今はゼロエネルギー住宅とゆうのが主流になっているとの事で太陽光発電、蓄電池、オール電化といった光熱費をほぼ0に出来る家が本当に多いようですね。
オール電化にするメリットは災害時には非常用電源が確保できる。
IHクッキングヒーターは器具に100パーセント熱が伝わる仕組みなので調理にかかる費用と時間が最少最短です。
ちなみに火の場合は熱の40パーセントほどは空気中に熱が逃げてしまっているのでかなりもったいないようです。
災害時の復旧が水道の次に早いのも魅力!
あと、ガスを使わないので火事の心配がないです。
日当たりの条件と南向きの屋根の戸建を見つけれたら光熱費は年間通してもほぼ気にしない生活は保障されたものです☆

知り合いに建築士さんと工務店の知り合いがいたので気になることやアドバイスをとにかく時間をかけて教えてもらいました!
家を作る上で大事なのは「動線」リビング、トイレ、浴室、寝室などどうゆう動きをするのかを徹底的に研究し部屋の間取りなどを、考えました。
階段の位置、窓の位置、玄関の位置、ドアは引き戸かスライド式か、コンセントの位置やエアコン用のコンセントの位置など本当に細部の決めごとが多くて時間がもっといるなーと思いましたね。

悩みを減らすにはどうゆう家に住みたいのかを徹底的に考える事です!
住む町の色々な補助金制度なども調べておくのは大事だと思いますよ!