日本の住宅と比べて不便だった点

ヨーロピアン住宅やアメリカン住宅が、日本の住宅と比べて不便だった点がいくつかあります。
まず、こういった住宅ですが、日本の住宅とは違い、メンテナンスに手間がかかってしまうという点が不便に感じられました。
輸入住宅は、使われている資材などが、日本の住宅などと異なっています。このため、リフォームに対応をしてくれる業者とそうでない業者があります。どの業者でもメンテナンスが出来るというわけにはいかず、部品一つでも手に入りにくい場合があります。そういった点が不便に感じられます。
また、日本の住宅と比較すると、材質などが木造であることも多く、老朽化しやすかったりする部分があります。日本の気候条件と合っていない面もありますので、早めに劣化してしまったり、また地震などで傷みやすくなってしまうといったデメリットもあります。
豊田市に建てた最近の輸入住宅は機能性なども優れている住宅が増えていますが、日本の住宅と比較しても、まだまだ及ばない部分があります。