マイホームを建てた後の家族の絆の変化

西尾市で注文住宅のマイホームを作って住んで早くも一年ほど経過しています。マイホームを作る前は、賃貸物件に住んでいましたが、自分たちの家を作って住むと改めて家族の繋がりが強くなったように感じています。自分達の家という意識があるため様々な工夫をして生活するようになりました。幸せに暮らせるようにみんなで家を守っていくという絆や結束力が高まったと感じています。賃貸物件の頃は、自分の家という感覚が少なかったように感じます。今は自分の家に帰って来たというような感覚が強くなりました。特に外出時の施錠や防犯に関する対策も入念に行うようにしています。家族間の連絡を密に取り合うようになった点もマイホームを作ってから変化したポイントとなっています。マイホームは、家族が一緒に長く暮らしていくとても大切な空間です。絆を深めて楽しく幸せに暮らせる家族作りが大切だと感じています。マイホームは家族間の絆をさらに深める事が出来る要素となっています。

使い勝手の良い注文住宅を建てるために

私が、安城市に省エネ住宅をうたう一戸建てを購入して良かったと思う点は、部屋や外周りを自由にカスタマイズ出来ることです。
マンション・アパート暮らしでは退去することを考えると、部屋の壁をいじってみたり、外周りを好きなように出来ないことが多いと思います。

しかし、住宅を購入すると全て自分の所有物となるため、多少壁に手を加えてアレンジしたり、外周りに手作りの装飾を加えたり出来ることが良いと思います。

 

最初に住宅を設計する際に、担当の営業もしくは建築士の方に、後々こうしたいということを明確に伝えておくとカスタマイズしやすいと思います。
伝えておくことで、ある程度考慮して設計してくれるため、かなり違ってくると思います。

各部屋の「現在の使い方」と「未来の使い方」を明確にしておけば、おまかせするよりは多少時間がかかるかもしれませんが、最終的には自分にとって良い家が出来上がると思います。

人生で最大の買い物ですから、自分のしたいことを伝えてゆっくり建てることをお勧めします。

自分や配偶者の趣味・趣向、最終的な子供の人数、将来のあり方などをある程度想定しておくと、良い家が出来上がると思います。